シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
ぷれ〜り〜バックナンバー』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
巻頭特集
チョッといいトコ
試してみよう!
健康911番
スタイリングTIPS
なんでもイミグレ相談所
知っ得 なっとく 行っとく?
ホクのほくほく情報
Miko's Kitchen
トラベルFAN+FUN
ぷれスポ
その他
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  巻頭特集
シカゴのエンターテイメント雑誌としてお馴染みのぷれ〜り〜誌を発行しいるMGAのご好意で住むトコ.COMにぷれ〜り〜誌のバックナンバーを掲載させて頂いております。
2009年12月 体ポッカリ、心あたたまるホッコりメニュー

寒いシカゴだからこそ美味しいホッコり料理を食べると余計に心が温まりますよね。今回はそんな体がポカポカしちゃうようなお料理を一挙に紹介します!

たまちゃん(以下たま):せんぱ〜い。おはようございます。今日も寒いですね〜。
先輩:お、たまちゃんおはよう。確かに寒くなってきたなあ。こういう日は心の中まで寒くなっちゃうよ。
たま:何言ってるんですか。でもこんな寒い日こそ体がポカポカ温まるようなホットな情報を皆さんにお届けしたいですよね。
先輩:へ〜!イイ事言うじゃん。じゃあ今月の特集はそれで行こう!色んな日本食レストランさんに体も心もポッカリあたたまるホッコりメニューを紹介してもらうってことで。
たま:それいいじゃないですか。私も最近洋食の取材ばっかりで日本食レストランには行けてなかったんですよね。
先輩:うん。じゃあ最初にミツワの直ぐそばにある鳥新さんから行ってみようか!

鳥新 新潟出身のシェフ自慢のこだわり『つくね鍋』
COCORO 韓国人にも人気の『激辛味噌ラーメン』とパリパリ『餃子』のセットは如何?
DARUMA アラカルトで食べられる『おでん』とパイタンスープの『海鮮鍋』に舌鼓
乍久真 グルメやセレブも唸らせる超豪華な『創作コースメニュー』
NOBU 名物グルメ番組にも紹介された具沢山の『寄せ鍋』
三九 海鮮の具が沢山入った贅沢な『中華丼』に『ミニラーメン』までついた超満足メニュー
一統寿司 たっぷり煮込まれた肉厚な『鰈の煮付け』と愛情『コーヒーゼリー』

 

鳥新:新潟出身のシェフ自慢のこだわり『つくね鍋』
とっても柔らかくて人気のつくねが入った鳥新のつくね鍋
先輩:たまちゃんも知ってると思うけど、鳥新の金子シェフは新潟出身なんだよね。その金子さんが丹精こめてつくるつくね鍋が今回のメニューなんだ。鶏肉の胸部のミンチに、すった山芋を入れてつくるつくねには、玉ねぎや卵黄、そして粘り気を出すための塩と胡椒がバランスよく入っているからとっても美味しいんだ。
たま:実は私も鳥新のつくねの噂は聞いてました。わざわざつくねだけをお持ち帰りで買って行く人がいるってくらい評判ですよ。あ、ぐつぐつ湯だったスープが出てきましたね。
先輩:うん。そのスープにサーバーの方が一口大になったつくねを入れてくれるんだ。つくねに火が通って鍋の上の方に上がってくるだろ?そうしたら椎茸や春菊、豆腐、ねぎ、白菜の人参巻きなどを入れるタイミングなんだって。さ、早速食べてごらん。
たま:うわあ、このつくね、とっても柔らかくてフワフワしていますね。だしのスープとぴったりです。
先輩:このフワフワ感の秘訣は茹で加減にあるそうだよ。つくねは鍋から早めに上げて、茹で時間は短めにするのがコツなんだって。
たま:それにしても、このスープ、かつおやこんぶ、みりん、お酒などの風味がとっても芳醇です。おかげでそのままでも美味しく頂けます。
先輩:白菜なんかの野菜が一杯入っているから水分が結構出るだろ?だからスープは濃い目に作るらしいんだけど、そのバランスが難しそうだよね。丁度いい濃さになるようにつくるのがシェフの腕のみせどころだね。それに、ポン酢やごまダレも用意されていて、特につくねはごまダレとも相性がばっちりだから試してごらん。
たま:あ、ホントだ!それに時間がたつと、カツオのスープだしにつくねのだしが足されるので、スープの味も少しずつ変わっていくんですね。ドンドン美味しくなっていく感じ。
先輩:ははは、まだ食欲があるみたいだね。じゃあ、お鍋を楽しんだあとはやっぱりうどんか雑炊だね。あ、そうそう言い忘れてたけどこの鍋はメニューに載っていないので予約するのを忘れずにね。

鳥新

店に入った瞬間に懐かしい日本の居酒屋の温かい雰囲気に包まれる鳥新では、日本酒や焼酎に合いそうな美味しそうなおつまみメニューがとても多くて、どれを食べようか迷ってしまいます。特にお勧めは角煮大根。味のしみた角煮と大根がとても柔らかく、彩りが豊かな卵や青梗菜で栄養満点。



COCORO:韓国人にも人気の『激辛味噌ラーメン』とパリパリ『餃子』のセットは如何?
清潔でアットホームなCOCOROの店内

たま:え〜っと、次はダウンタウンのCOCOROですね。ここでは何が食べられるのかな〜♪
先輩:相変わらずせっかち君じゃのぉ。ヒントはね、日本人にとって一番満足感を得られるセットメニューってとこかな?
たま:そりゃやっぱりラーメンと。。。餃子?
先輩:ピンポ〜ン!今回はマネージャーオススメの辛味噌ラーメンと餃子のセットなんだけど、僕もこの辛味噌ラーメンというのは初めてなんで楽しみなんだ。辛さはマイルドから、韓国人にも人気の激辛まで調整ができるそうなんだけど、今回はマイルドにしておいたよ。
たま:あ、出てきました!う〜ん味噌と餃子の香りが最高ですね。あ、ヨダレが。。。
先輩:うん。以前からニンニクのたっぷり効いたCOCOROの餃子は有名だったけど、このモチモチっとした重量感はたまらんね。
たま:私はお先にラーメンを(ズルズル〜)。うう、美味いですよ〜。
先輩:あ、僕にも分けてよ(ズルズル)。この味噌スープは白と赤のあわせ味噌だね。それにカツオだしが練りこんであるのかとっても深い味わいだ。
たま:いやあ、マイルドでも十分辛い!体の芯からポカポカしてきます。え〜っと、どれどれ餃子もっと。あ、このタレもピリ辛で美味しいですね。とってもマッチしています。
先輩:それ自家製なんだって。餃子に入っているのはポークとニラとキャベツかな。これを秘伝の調味料でなが〜くなが〜くこねるのが秘訣なんだそうだよ。
たま:チャーシューも美味しいですね。
先輩:そういうだろうと思ってチャーシューメンもオーダーしておいたよ。そろそろ出てくるんじゃないかな?ほら来たみたい。
たま:こっちはしょうゆラーメンですね。それに肉厚なチャーシューが4枚と、ねぎ、卵、海苔がのっています。それではさっそく(ズルズルズル)。この鶏がらスープ、よく煮込まれてますね〜。細めの縮れ麺とよく絡みます。
先輩:(ズルズルズル)うん、このチャーシューはお肉がほろほろと柔らかい。蜂蜜が隠し味になってて、かなり長い時間煮込んでいるらしいよ。おかげで味もしみてるし、脂身も適度についてるね。う〜ん、お酒を飲んだあとのシメには最高だあ。

皮がパリパリでおいしい餃子
やみつきになりそうなピリ辛の辛味噌ラーメン
スープもおいしいジューシーなチャーシュー麺


チャーシュー麺:$11.50/ランチタイム⇒夜の値段は異なりますが、3ドルアップでラーメンからチャーシュー麺に変更可能。

辛味噌麺:$10.00(ランチタイム)
ミニチャーシュー丼:$6.00(ラーメンや丼物と一緒にどうぞ)

COCORO

シカゴのアップタウンに位置する清潔でアットホームな店。日本人オーナーが経営しているお店なので、本格的な日本料理が楽しめます。北海道出身のオーナーだけあって、北海道産ほたての刺身やカリカリサーモンスキンとクレソンのおひたしなど、海の幸をふんだんに使ったメニュー満載。11月中旬からは、カレーうどん、カレーラーメン、カレーそばの“カレートリオ”が登場予定。またメニューに載っている石狩鍋の他、寄せ鍋、水炊きなど体が温まる鍋物も裏メニューとしてあるそうなのでリクエストしてみては?



DARUMA:アラカルトで食べられる『おでん』とパイタンスープの『海鮮鍋』に舌鼓
DARUMAの外観

たま:さ〜てお次はいつも賑やかで活気の溢れるDARUMAさんですね。
先輩:突然だけど、たまちゃんもおでんは好きだよね?でも日本の屋台じゃないんだから、自分の好きなものだけをオーダーする事が出来るお店って今までこの界隈には無かったでしょ?
たま:そうですね。だいたいがセットで出てきますよね。
先輩:うん。DARUMAさんでは自分の好きなものだけを一品から注文できるアラカルトのおでんをやってるんだ。白身つくねや、こんにゃく、それに半熟卵なんてメニューも全部一品からオーダー出来るんだよ。
たま:ホントだ。他にもソーセージの白菜巻き風呂吹き大根厚揚げなんかもメニューにのってますね。実は私おでんの大根が大好きなんですけど、こんにゃくが苦手で。。。でもそんな私でも好きなだけ大根が食べれますね。
先輩:お、きたきた。ちゃんとたまちゃんように大根を沢山たのんどいたよ。へ〜、葱と生姜の醤油付けがサイドでついてくるんだ。
たま:この醤油付けを乗せておでんの具と合わせて食べることで薬味的なアクセントが楽しめるみたいですね。うわ、これ美味しいコンビネーションですよ〜。やみつきになりそう。
先輩:僕の大好きなつくねもしっかりとこねられているな〜。シンプルな味なんだけど、これがおでんのいい所だよね。
たま:私、半熟卵のおでんって初めて食べたんですけど、このプルプルとした黄身がとっても濃厚で、おでんの出汁によく合います。
先輩:実はおでんの他にも要予約のメニューなんだけど海鮮鍋をお願いしておいたんだ。あ、きたきた。
たま:鶏がらをベースにしたパイタンスープにえびや帆立が入っているんですね。
先輩:うん。海の幸たっぷりだろ?これはとんこつスープに近い味と言ったらいいのかな。コクがあって、野菜がとても美味しくなるね。
たま:白菜やキャベツは長細く切られてるんですね。おかげで私みたいな女の子にも食べやすいサイズです。それにしてもこのスープ、めちゃくちゃ美味しいじゃないですか〜。あれ?材料に太麺がありますけどそれはまだ入れないんですか?
先輩:うん、この太麺は最後に入れてちゃんぽんにすると美味しいんだ。そろそろ入れてみよっか。
たま:濃さのちょうどいいガラスープからイイ感じのだしが出ていますね。なんだか二倍楽しめた感じでホント、幸せになります。
先輩:幸せになったところで温かいチョコレートケーキはどう?それとももう満腹?
たま:え〜!チョコレートケーキ?!全然食べれますっ!
先輩:やっぱりなあ〜。そう言うと思ってもう頼んでおいたよ。完全手作りなので、通常は注文をしてから10分ほどかかるんだけどね。
たま:あ、来た〜!さっそくいただきま〜す。お〜っ!外側はサクッとしていて中にとろ〜りとしたチョコレートソースが口のなかいっぱいに広がりますね。おまけに胡麻アイスクリームまで添えられているなんて!
先輩:うん、さすが甘さも控えめだね。オーブンの中に入れて、ケーキの中身が半生の状態で取り出すので、タイミングが勝負なんだって。

一品ずつからオーダーできるおでん
パイタンスープが美味しい海鮮鍋
とろ〜りとしたチョコレートが広がるケーキ


おでんアラカルト $1.95/1皿
海鮮鍋  $30.00/2人〜予約にて承ります
温かいチョコレートケーキ $5.25

DARUMA

仕事帰りのサラリーマンだけでなく、奥様方にも人気のお店DARUMA。店内は元気の良いスタッフで活気に満ち溢れ、若いシェフが腕を振るいます。常にオリジナリティーに富んだメニューを続々と生み出し、本格派なデザートを作るシェフは以前フランス料理のシェフだったとか。メニューは本格的な日本のメニューからユニークな組み合わせを使った料理まで、和の基本は決して外していない安定感と斬新さを併せ持つお店です。



乍久真:グルメやセレブも唸らせる超豪華な『創作コースメニュー』
キャビアが乗ったロブスターサラダ
風味がとってもよい鴨と鯛の土瓶蒸

たま:乍久真さんというとやっぱりシェフのオリジナリティーが光るコースメニューが人気ですよね。
先輩:最近は2代目シェフのAKIRAさんも腕を振るっておられるそうで、今回ご紹介いただくのもそのAKIRAさんの創作料理のプレートが入ったコースなんだって。
たま:お、早速前菜の登場ですね。うわ、ロブスターのサラダじゃないですか。しかもこれキャビアが乗ってますよ。凄〜い。
先輩:ほんとだ。しかもこのロブスターかなり食べ応えあるよ。ワインとあわせて欲しいんだって。ふ〜む、確かにワインとあうわ。
たま:お次は鴨と鯛の土瓶蒸しですね。柚子の香りがとってもさわやかで、食欲そそりますねえ。鴨の食感と鯛、銀杏がほどよくマッチしていて、だしの効いたさっぱりとしたスープもたまりません。
先輩:次に出てきたのはBMWとAKIRAプレートって言うんだけど、このBMWっていう刺身のプレートはグルメ会のスポンサーの名前とBeautiful/Majestic/Wonderfulの頭文字をあわせてあるんだって。
たま:この海老の練りものにはみじん粉がまぶされてるんですね。サーモンきゅうり巻きには天カスがのってるから食感も楽しめるし、食材の合わせかたが独創的ですね。で、こっちのAKIRAプレートには6品の違った料理が綺麗に並べられてます。
先輩:うん。胡麻和えに、ひらめのポン酢ソース、冷製しゃぶしゃぶ、そしてタイガーシュリンプやキングクラブ。これを1度に楽しめるなんて凄い話だよ。それにしてもこのしゃぶしゃぶ美味しいわ。
たま:そうですね、それぞれの料理にあったソースを作るって本当に大変なことじゃないですか。私はこの炙りマグロに惚れてしまいました。しょうがと味噌、柚子味噌、オリーブオイルなどを合わせて作ったジンジャーブラッサムソースが爽やかです。
先輩:で、最後はこのNew Doctor Roll。これは天ぷらにしてカラッと揚げてある海老のロール寿司って感じかな?
たま:天カスのおかげでクリスピーな歯ごたえで、とびこも絶妙なバランスで入っています。
先輩:いやあ、こりや想像以上の豪華さだね。これで50ドルというのはかなりのリーズナブル感があると思うよ。
たま:どのメニューも新鮮な魚をふんだんに使ってるのが良く分かります。あ、デザートも出てきましたよ。これはアイスチョコレートですね。きれいなグラスにのってて可愛い〜。口の中でひんやり溶けますよ。
先輩:うん、これはかなり濃厚なチョコレートだね。でもクリーミーで甘すぎない大人の味って感じかな。

いろんな前菜が一度に楽しめるAKIRAプレート
食感がとてもいいNew Doctor Roll
ゆったり食事が楽しめそうな作久真の店内

 

乍久真

地元や遠方のセレブも絶賛する乍久真シェフが作り出す料理はまさに芸術作品のよう。シェフの人柄や料理の味に惹かれ、ファンが集まるグルメ会では毎月、様々な創作料理が生み出され、メニューとして追加されます。手をかけてひとつずつ食べやすいように作られたお料理はすべて見た目も美しく、また繊細な味がしてひとくちひとくち味をかみ締めてしまいます。



NOBU:名物グルメ番組にも紹介された具沢山の『寄せ鍋』
明るくて落ち着いたNOBUの店内

先輩:さて、お次はシャンバーグの中心部にあるNOBUさんの寄せ鍋だ。
たま:やっぱりこの季節、寄せ鍋は外せませんよね。
先輩:勿論色んなお店が寄せ鍋をやってるんだけど、ノブさんの寄せ鍋は以前チャンネル7のハングリーハウンドでも紹介されたほどの名物メニューなんだ。
たま:あ、その番組知ってます。シカゴでは有名なグルメ番組ですよね。
先輩:そうそう。とにかくノブさんの寄せ鍋の魅力はその具の種類の豊富さなんだけど、そろそろ出てくるはずだから、自分の目で確かめてごらん。おっと、その前にシーフード茶碗蒸しが出てきたぞ。
たま:へえ〜、シーフード茶碗蒸しなんて?珍しいですね。ドレドレ、うわあプルプルと蒸した卵がとっても柔らかいです。
先輩:帆立に海老、しめじにほうれん草が入ってるんだけど、見た目も綺麗だし、2人で分けられる贅沢な大きさのジャンボ茶碗蒸しってのがいいだろ?
たま:切り身の入った柚子が帆立を優しく引き立てていて、海老も身が締まっていて食べ応えがあります。それに噛むたびに出汁がジュワッとくるこのしめじが気に入りました。
先輩:うん。分かる分かる。日本人に生まれて良かったな〜と思う瞬間だね。
たま:あ、寄せ鍋が来ましたよ。うわ、ホントに色とりどりですね。えっと、まずほうれん草でしょ。それからしめじ、大根、そして人参、とこの辺はポピュラーな具ですが、それから牡蠣、帆立、イカ、かまぼこ、そして銀杏や里芋まで入ってるんですね!
先輩:うん、中でも僕が気に入ってるのがこの大ぶりの牡蠣。新鮮でツヤツヤしてて、おまけにプルプルしてるだろ。
たま:せ、先輩。ちょっと興奮しすぎ(笑)でも確かにこれ大きいですね。早速食べちゃいますよ。うわあ、とってもジューシーでこのジュワっと感がたまりませんね。
先輩:そうそう、なんといってもこのノブさん秘伝のスープがどんな具とも合うんだよね。鰹節と昆布でダシを取ってるのは分かるんだけど、どうなってるんだろうなあ。
たま:海鮮の出汁もあとからジワジワっと効いてきますね。この大根や里芋をはふはふ言いながら食べると本当に体が温まります。
先輩:鍋のあとはやっぱりうどんか雑炊でフィニッシュといこうか。雑炊は新たに卵や葱でしっかりした味にアレンジしてくれるんだよ。
たま:この特製スープで食べる雑炊はかなり贅沢ですね。ペロリと食べれてしまう自分が怖いです。

ボリュームがあって具沢山なシーフード茶碗蒸し
大振りの牡蠣まで入った贅沢なNOBUの寄せ鍋


▼寄せ鍋 $24.95/人 (2人前から承ります)毎年10月から4月までの間の限定メニュー

NOBU

店に入った瞬間に懐かしい日本の居酒屋の温かい雰囲気に包まれる鳥新では、日本酒や焼酎に合いそうな美味しそうなおつまみメニューがとても多くて、どれを食べようか迷ってしまいます。特にお勧めは角煮大根。味のしみた角煮と大根がとても柔らかく、彩りが豊かな卵や青梗菜で栄養満点。



三九:海鮮の具が沢山入った贅沢な『中華丼』に『ミニラーメン』までついた超満足メニュー
とろっとしたあんかけが美味しい中華丼
サイドの美味しいミニラーメンも大満足
先輩:お次は、この時期、飲んだ後にカラオケが楽しめるという点でもポイントが高い居酒屋三九さん。
たま:今日はランチのご紹介ですね。
先輩:うん。吉田さんのオススメメニューは海鮮物がたぷり入った中華丼とミニラーメンのセットなんだって。
たま:なんだか聞いただけでもお腹がいっぱいになりそうなボリューム感ですね。
先輩:ははは。じゃあ早速オーダーしてみようか。
たま:はい!
<中華丼&ミニラーメンセット到着>
たま:あ〜、この中華丼は日本の中華料理のお店なら必ずある懐かしい香りですよね。これはアメリカではなかなかお目にかかれない。
先輩:うん、でも具はそんじょそこらの海鮮丼とは違う贅沢さだよ。まず牡蠣だろ、それに海老、イカ、そしてやわらか〜い蟹まで入ってるんだ。
たま:なるほど、確かにとっても具沢山です。それにこの煮卵の色がとっても綺麗。ナルトや紅生姜もいいアクセントです。
先輩:そうだろ。それになんといってもこのあんかけの味が秀逸なんだ。胡椒が効いたしっかりした味で、椎茸のお出しがいい感じに混ざっているからコクと深みが出てるよね。
たま:これだけでも大満足なのに、これにミニラーメンまで付くんですね。これはしょうゆ味ですね。う〜ん、いい香り。
先輩:チャーシュー、もやし、めんま、たまごとこちらの具はスタンダードだけど、麺の固さもイイし、チャーシューの風味とスープがぴったりマッチしてるし、意外とサッパリしてる。おかげで、中華丼とのセットだってのにぺろりといけちゃうから不思議だよな〜。

三九

カウンター、座敷、テーブル席とバラエティに富んだ自由な雰囲気が特徴のお店三九。そして何と言っても格安なカラオケラウンジがあるのがポイント!これからの季節、皆がついつい長居してしまいそうなホットな場所です。おつまみメニューも種類が多く、この時期は特に茶碗蒸し、蟹の入ったあんかけ豆腐、おでんが人気だとか。アメリカ人が食べるメニューはにんにくを使わないなど、嗜好に合わせたシェフの心遣いが粋です。



一統寿司:たっぷり煮込まれた肉厚な『鰈の煮付け』と愛情『コーヒーゼリー』
とってもいい味付けの鰈の煮付け
ダウンタウンではめずらしい人気のおでん
先輩:さ〜て、今回のシメはまたダウンタウンに戻ってきたよ。アメリカ人の常連さんも多い一統寿司さんだ。
たま:このお店はダウンタウンでも日本の雰囲気が味わえる珍しいお店ですよね。
先輩:今日はおかみさんのオススメの鰈の煮付けを出してもらったよ。2時間以上かけて煮込んであるんだって
たま:なるほど。だからこんなに柔らかいんですね。あ、このタレいけますね。とっても優しい薄味です。
先輩:あと、上に乗ってるネギと生姜も食欲をそそるね。それにしてもとっても肉厚な煮付けだなあ。
たま:あれ、おかみさんが何か持って来てくださいましたよ。これ、コーヒーゼリーじゃないですか?
先輩:へえ〜新しいデザートみたいだね。一統寿司といえば昔からグリーンティープリン餅ケーキなんかの手作りデザートが魅力のひとつだけど、これは初めて見るよ。
たま:上にたっぷり乗ってるバニラアイスクリームとの相性もぴったりです。それにしてもいい香り〜。
懐かしい味のほんのり甘いコーヒーゼリー
先輩:コーヒーはちゃんと豆から挽いてるんだって。日本のゼリーに比べると若干固めのしっかりした食感だね。甘みはほんのりって感じ。なんだか僕らにとっては懐かしい味だけど、周りのアメリカ人も注目しているね。
たま:アメリカにはコーヒーゼリーってないんじゃないですか?結構流行りそうですけどね。
先輩:一統寿司さんでは、この他にもこのシーズンはおでんが食べられるのが有名だよね。ダウンタウンではおでんの食べれるお店は少ないからかなりの人気メニューなんだって。
たま:デザートだってこんなに心をこめてつくってくれるんだから、おでんもきっと美味しいでしょうね。

おでん 11月〜スタート!$13.00〜
コーヒーゼリー $5.00


一統寿司

ダウンタウンの北に位置する地域に密着した老舗。殆どの客は近所の日本贔屓のアメリカ人が多く、ゴチソウサマ、と流暢な日本語でシェフと楽しそうにコミュニケーションをとっていたのが印象的です。ダウンタウンで長くお店をやっているだけあってスポーツ選手のサイン色紙や、常連さんがキープしているマイ箸コーナーが店内を飾り、お客様からとても親しまれている感じがうかがえます。


 

先輩:いやあ、一気に周ったから満腹を通り越して凄い事になりそうだよ(笑)。
たま:こんなご時世ですから、レストラン業界も大変なんだと思うんですけど、そんな中でも皆さんが一生懸命努力している姿が印象的でしたね。
先輩:えっ?そういう決め台詞は僕の役なんじゃ。。。
たま:エヘヘ。たまにはいいじゃないですか。それでは読者の皆さんも良いお年をお迎えくださいね。


 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.