シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
『シカゴで食べる』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
ホーム
日本料理
レストラン・ガイド
ベスト3
レストランの手引き
シカゴの食べ物

食料品店

食材対訳表
ベーカリー
珈琲・お茶
チョコレート
調理用換算表
BBQ
ワイン
アフタヌーンティー
ブランチ
食の特集
用語集
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  シカゴのレストランガイド
エリア別

料理の種類別

ベスト3 レストランの行き方 食に関する特集 日本料理

Meatheads
2555 W. 75th Street, Naperville
MAP 630-355-6066
1036 Willow Road, Suite H, Northbrook MAP 847-291-6608
601 N. Martingale Road, Suite 324
Schaumburg
MAP 847-706-6608
代表的なロケーションのみあげています。イリノイ州内にはこの他にもいくつかの店舗がありますので、詳しくはウェブサイトでご確認ください。

インスタント食品やファーストフードに含まれる有害成分が頻繁に取りあげられ、かつて「ファーストフード天国」と言われたアメリカの食生活は、最近ではすっかりヘルシー志向に転向してきました。人々の要求に応えるかのようにオーガニックの材料を使ったり、ビーフパテを手作りする、こだわりのハンバーガー店が増えています。

今回ご紹介する『ミート・ヘッド』もそんなお店のひとつで、2年前にイリノイ州・ブルーミングトンに一号店を出して以来、ネーパービル、ノースブルックに次々と支店をオープンしています。お値段が多少高くても良質な商品を求める人々のニーズに後押しされ、シカゴ近郊全域への進出、さらに他州への進出も続々と計画されています。ビーフパテには「アンガス牛」が使われていて、安心感と期待感に胸をふくらませながらネーパービル店に向かいました。

メニューは、8種類のハンバーガーとフレンチフライ、そしてホットドッグなど数種類のサイドがあるだけのシンプルな品揃えです。従来のファーストフード店と同じようにカウンターでオーダーしますが、店内を見渡してみると赤と白木で統一されたインテリアや、カウンター横に盛られたじゃがいもの山、さらにその日に使用している材料の原産地を黒板に手書きで記してあるところなど、今までにないオシャレ感や高級感が漂っています。

ベーシックなメニューからThe meathead バーガーとオリジナルフライ、そしてサイドからはニューイングランドスタイルホットドッグとTosted cheesehead、さらに前の人が注文していた、見ただけでヨダレが出そうなハンドディップシェイクのバニラも注文しました。

The meathead バーガーはパテが2枚入っているレギュラータイプと、1枚だけのリトルタイプがあり、マッシュルームソテーやロースティッド・レッドペッパー、パイナップル、そしてベーコンなど10種類用意されているトッピングを加えて、好みの一品を作ることができます。取材班はハワイアン風に、パイナップルとマッシュルームソテーを加えてみました。

待つこと7、8分、出来立てのバーガーと山盛りのフライが運ばれてきました。バンズは日本のモスバーガーに似た、こぶりで厚みのある形でふっくらとした食感です。そこにいかにも手作り感が漂っている、表面がボコボコとしたビーフパテとぶ厚いトマト、レタス、チーズ、そして追加で入れたパイナップルとマッシュルームが加わり、かなりの厚みになりました。ちょっと食べにくかったかな、と後悔しながらも精一杯口を開けて頬張ると、熱々の肉汁と共にビーフの香ばしさが口一杯に広がります。臭みは全くなく、肉汁の旨味がケチャップ&マヨネーズと混ざり、ハンバーガーの醍醐味とも言えるハーモニーをかもし出しています。形を整えながら気をつけて食べないとなだれが起きてしまいますが、それこそ手作りハンバーガーの醍醐味だとも感じました。

フライド・ポテトは調理直前に生のじゃがいもをカットし、揚げたてをサーブしてくれます。カリカリとした新鮮さが何とも美味しく、もうひとつ追加オーダーしたいところをグッと我慢したほど。

子供用に注文したニューイングランドスタイルホットドッグは、パンの形が特徴的です。いわゆるホットドッグのバンズではなく、縦切りにした食パンに長いソーセージが入っています。パンは薄めで柔らかいので、食べたときにソーセージの風味がより強く前面に出てきて、ソーセージが持ちやすいようにと添えられたサイド的な存在に近い感じです。いつもホットドッグのバンズからからソーセージだけを引き出して食べてしまう子供が、これはパンごと全部食べていました。

手作りのハンドディップシェイクは、注文を受けてからアイスクリームやミルクなどをミキサーに入れて作ってくれます。ドロっとした濃厚そうな見かけに、「ちょっとこれは、飲みきれないだろうな・・・」というのが最初の印象でしたが、子供とシェアしているうちに気づくとなくなっていました。濃厚ですが、アイスクリームが案外アッサリしているので、甘味は砂糖の甘味というよりもミルク独特のこっくりとした甘味を強く感じました。

かなりの量を完食しましたが、不思議なことに嫌な後味がありません。結局、ハンバーガーそのものが体に悪いのではなく、チェーンのファーストフード店で使用される材料や長期保存されたインスタントフードに含まれる有害物質が、「嫌な後味」の原因だったのかな、と考えさせられました。安心してハンバーガーをお腹一杯食べたいとき、ぜひオススメしたいお店です。

(01/18/10)

手作りハンバーガーの醍醐味を存分に味わえるThe meathead バーガー。
お店で、生のジャガイモをカットするところから作っているフライ。
フワフワの薄切りパンが子供に大好評の、ニューイングランドホットドッグ。
サイドメニューからチョイスした、Tosted cheesehead。
手作りのハンドディップシェイクは、ミルク独特のこっくりとした甘味を強く感じます。
赤と白木で統一された店内。
   

HOUR:

月−日:

11:00 am - 10:00 pm
お勧めのシチュエーション:
軽いデート、ファミリー
服装:

カジュアル

お値段:
$$$$
(¢=$10以下、$=$10~$20、$$=$20〜$30、$$$=$30〜45、$$$$=$45+(ドリンク含まず))
 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.