シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
ぷれ〜り〜バックナンバー』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
巻頭特集
チョッといいトコ
試してみよう!
健康911番
スタイリングTIPS
なんでもイミグレ相談所
知っ得 なっとく 行っとく?
ホクのほくほく情報
Miko's Kitchen
トラベルFAN+FUN
ぷれスポ
その他
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  四方先生の健康911番
ぷれ〜り〜に好評連載中の日本クリニック・四方先生の
『健康911番』バックナンバー
冬の健康管理 2008 - 12/2008

今月は、冬を元気に過ごすための日常生活上のポイントについてお話させていただきます。

1.冬はまず風邪、インフルエンザ等の感染症の予防が重要です。
昔から手洗い、うがいは風邪予防の基本であると言われていますが、医学が進歩した現在でも最も重要な防御法であることにはかわりません。さまざまな研究でその効果も実証されています。
かぜは咳やくしゃみだけでなく、手に付いたウイルスが口や鼻に入ることでも感染しますので、まめに確実な手洗いをすることが重要です。これは基本ですが、風邪の予防にはこれに勝る事はありません。食事の前、帰宅後、トイレの後、料理をする前には必ず手を洗ってください。石鹸はよく泡立てて15秒ほど、洗い残しやすい指先・指の間・親指なども入念にこすりましょう。薬用石鹸などでこすり過ぎると常在菌を殺したり、皮膚に細かな傷をつけたりしてかえって感染しやすくなるので普通の石鹸でも十分です。
うがいは、口やのどへのウイルスの付着を防ぎます。うがい薬を使わなくても、塩水だけでも効果があることが明らかになっています。15秒間のうがいを連続2〜3回、外出から帰った時だけではなく、1日3回程度行なう様にしましょう。
咳、くしゃみをする時はティッシュ、ハンカチを使うようにして下さい。良く手で口をふさいで咳、くしゃみをする光景を目にしますが、手は一番他人に触れる部分です。手を使ったら直ちに手洗いをしましょう。又、ティッシュ、ハンカチは冬の季節は常に持ち歩くようにしましょう。もし、ティッシュやハンカチを持ち歩いてない場合は肘の内側の部分で口をふさぎ咳やくしゃみをするようにして下さい。手を使うよりは他人に触れる確率が低いです。
2.運動不足、体重増加の注意
冬は何かと家に閉じこもりがちで運動不足になりやすい季節です。特にシカゴの冬は寒さが厳しく、外に出るのが難しくなります。しかし定期的な運動は免疫機能を維持する効力もあり、風邪予防にも重要です。また、運動をする事により、
肩こりや腰痛などのトラブルの予防にもなります。さらに家でゴロゴロする時間が増えることにより、代謝が低下し、また、間食も増えたりすることで体重も増えやすい時期でもあります。冬の間はジムに加入する等して、積極的に体を動かすようにしましょう。
3)冬は空気が乾燥します。
シカゴは日本より空気が乾燥しています。冬になるとこれが一段と目立ってきます。空気が乾燥すると皮膚が乾燥し、かゆみの原因となります。又、鼻の粘膜も乾燥し、鼻血がでやすくなります。さらに眼も乾燥し、色々な眼の障害も起こりやすくなります。冬の間は保湿クリームを十分に使い、皮膚を守ってください。又、鼻の乾燥には生理食塩水のスプレーがありますので、それを使ってください。眼の乾燥には市販で売られているドライアイ用の点眼薬が有効です。また、加湿器を使用し、湿度を上げることも重要です。
4)外出時は凍傷に注意。
シカゴの冬の寒さは日本と比べ物になりません。摂氏マイナス20度にもなる日もありますので、外出時は十分に注意してください。特に耳、指先などの末梢部分は寒さによって血流が悪化しやすく、ダメージを受けやすくなっています。手袋、耳当て、帽子は必ず着用してください。しもやけになってしまったらすぐに暖め、変色、水ぶくれなどが見られるようでしたらすぐに診察を受けてください。
5)鬱病の悪化
冬は日が短くなり、働いている方は暗いうちに出掛け、帰りも暗いと言うことも珍しくありません。このような時は鬱症状が悪化しやすいので、鬱病の病歴がある方はその点に注意し、周りの方も症状の悪化に注意しておきましょう。
6)血圧に注意
冬の寒さは血管を収縮させて、血圧を上げます。普段から血圧の高い方では、さらに血圧が上がってくることもしばしばです。また、寒さだけでなく温度差も血管に大きな負担をかけます。温度差が大きいと血管の拡張と収縮が急激に行われるため、血圧も急激に変化し、これが心臓や脳血管の障害を引き起こすのです。心臓病以外に、血圧が上がって起こる脳出血が多いのも、この季節の特徴です。高血圧の方は血圧の管理を十分に行い、外出時は温かい服装で出かけて下さい。 
以上、冬の間注意する事に関してお話させていただきました。どうぞ元気に寒い冬を乗り切ってください。
健康911番は、今号を持ちまして終了とさせていただきます。
長きに渡りご愛読いただき、ありがとうございました。
今後とも、皆様お元気でお過ごし下さいますように。

nihonclinic@hotmail.com

 

病院名
Nippon Clinic(日本クリニック)
ドクター
専門
ドクター
小児科 Dr. Oiso
Family Practice Dr. Chow
内科 Dr. Shikata
カイロプラクティック Dr. Miyoshi Nancy
整形外科 Dr. Huang
眼科 Dr. Kao
放射線科 Dr. Patel
住所
2010 S. Arlington Heights Rd. Ste. 101 Arlington Heights 
電話
847-952-8910(代表) 
847-952-0110(緊急用) 
ファックス
847-952-0606 
地図
 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.