シカゴについて 住宅情報 各種手続き 食べる 遊ぶ 買い物 医療・妊娠 観光・旅行 仲間・グループ 学校・お稽古 働く 電話帳 フリマ・掲示板 イベント・カレンダー ぷれ〜り〜バックナンバー
求人情報 賃貸住宅情報 レストランガイド 日本料理店情報 同窓会 同好会・クラブ 習い事 ゴルフ 旅行代理店お勧めパッケージ 郊外の見所 ベーカリー チョコレート屋さん 試してみよう
ぷれ〜り〜バックナンバー』のホーム 『住むトコ.COM』 | シカゴ版ホーム | 連絡先 |
住むトコ内検索
電話帳
医者・病院
歯医者
保険
弁護士
不動産会社
銀行・投資
人材派遣
会計事務所
引越し/運送
クルマ
商工不動産
翻訳・通訳
広告・印刷
宅配
旅行代理店
航空会社
レンタカー
ホテル
ツアコン
食料品店
日本料理
レストラン
ベーカリー・クレープ
ショップ
書店/音楽
美容院
ビデオ屋
カラオケ
コンピューター・ネットワーク
新聞
ゴルフ場
英会話・ESL
習い事
同窓会・同好会
協会
巻頭特集
チョッといいトコ
試してみよう!
健康911番
スタイリングTIPS
なんでもイミグレ相談所
知っ得 なっとく 行っとく?
ホクのほくほく情報
Miko's Kitchen
トラベルFAN+FUN
ぷれスポ
その他
   
サイト内検索
生活を開始する為の手続き
観光
医療・病院
エンターテイメント
学校
ショッピング
レストラン
   
賃貸物件リスト
求人情報
フリマ
掲示板
ぷれ〜り〜・バックナンバー
カレンダー
リンク
     
  巻頭特集
シカゴのエンターテイメント雑誌としてお馴染みのぷれ〜り〜誌を発行しいるMGAのご好意で 住むトコ.COMにぷれ〜り〜誌のバックナンバーを掲載させて頂く事になりました。
2003年 4月号イエローストーン特集 その2
ページ

マンモスカントリー(Mammoth Country)

次の目的地、イエローストーンの北西に位置するマンモスホットスプリングス。オールドフェイスフルと並び中心的集落になっている。到着してみると、硫黄の臭いがすごい!「そっか、温泉だもんね」と妙に納得するのもつかの間、何千年もかけられて出来上がった石灰石の段丘に圧倒される。マーサ・スチュワートの作るウエディングケーキみたい。テラスマウンテン(Terrace Mountain)遊歩道を歩いていると「ここはどこかいな?」という気分になる。それもそのはず、SF映画の撮影にもよく使われる場所らしい。ボコボコと吹き出す温泉、日本人ならやっぱここはひとつ温泉にゆっくり浸かって…、というわけにはいかない(お湯はとーっても熱いのでけして触ってはいけない。)歩き続けると、リバティーキャップ(Liberty Cap)とよばれる37フィートの石灰華が見えてくる。フランス兵士の帽子に似てるのでこの名前になったらしい、が私にはモアイ像に見えた。

マンモスホテルはイエローストーン内でも奥ゆかしい、優しい印象のあるホテル。オールドフェイスフルインはまさに「山男らしい」感じだったけど、こちらマンモスの方は「可憐な野花」って感じかな。ホテルと並んでハンバーガーショップもあった。ここで軽いランチとしましょ。ピクニックエリアでほうばっていると、わぁーいたいた、ミュール鹿!み〜んなランチしてるぅ。お尻がしろく、大きな角に優しい顔。人間達のフラッシュに気付きもせずにせっせと草を食べている姿、とーっても優雅。朝出会ったバッファローよりは恐い気がしなかったが、やっぱりここは彼等のお家、お食事の邪魔にならないように、少し離れてミュール鹿の群れを眺める事にした。

巨大なウエディングケーキみたいなテラスマウンテン リバティーキャップ 人間にも動じないミュール鹿

ルーズベルトカントリー(Roosevelt Country)

再び車を動かし、東へ向かう。スーイスイ、気持ちの良いドライブが続く、、、と思ったら、甘かった。渋滞に巻き込まれる。「へ?公園内で渋滞?」実はこれ、イエローストーン名物「バッファロー渋滞」なんです。バッファローが群れをなし、車道を歩く。こんな時は「野生動物の家」ルールにのっとり、人間様はあくまで忍耐強く、彼等が動くまで待つしかない。車の横、前、後ろ、全てがバッファロー達に囲まれてしまった時、「あ〜バイクでこないでよかったぁ。」と安心。こんなに近くで見るバッファロー達、めっちゃくちゃ大きくて(平均700キロもある)そしてなぜかせつない目をしている。なぜか頭の中にベートーベンの音楽が浮かぶ。そうそう、「運命」だっけ?ダダダッダーン!って感じ。1時間のノロノロ運転の結果、バッファロー達は山の奥へ入っていき、やっとのこと普通のスピードで車を運転できるようになると、そこはルーズベルトカントリーというエリア。カウボーイが「ハウディ!」と出てきそうな雰囲気。駅馬車も見えるし、素朴な丸太小屋みたいなロッジもある。ルーズベルト大統領もこのエリアでキャンプをしたという、由緒正しい名前のこのエリアは、派手さをもとめず、自然を愛する人達には絶好の場所。

ここから少し南へ行き、タワー滝(Tower Fall)に到着。40メートル下の滝壺へ落ちる水の豪快さは一見の価値あり。イエローストーン川へと合流していく激しい水の量、なんだか生命の強さを感じさせる。1870年代にここを訪れた水彩画家モランは、この滝をスケッチしてアメリカ議会に提出。その絵の素晴らしさが、ここイエローストーンを国立公園に指定されるきっかけを作った、とか。遊歩道も作られていて、ここをおりると下から滝を眺められる。が、かなり「行きはよいよい、帰りは恐い」な急な坂なんで、無理しないように。いきなり全てが茶色になり、切りくずされたような山が見えてくる。今までのグリーンとはうってかわって、乾いた世界。ここは流紋石の山を川が侵食していってできた渓谷。インスピレーションポイントに立って下を覗くと、きゃー、高い高い、足がすくんでしまった。ふいに、息子の手を固くにぎってしまう母心。グランドキャニオンを一望できる眺めは絶品。谷底にはさっき見たイエローストーン川が巨大な蛇のようにぐにゃぐにゃと流れている。

戻る | NEXT

 
     
Copyright: 2001-Present:SUMUTOKO.COM.
All rights reserved. Email: info@sumutoko.com
当サイトに関するお問い合わせはシステム統括部webmaster@sumutoko.comまでお願いします。
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。著作権は『住むトコ.COM』またはその情報提供者に帰属します。
No reproduction, distribution, or transmission of the copyrighted materials at this site is permitted without the written permission of SUMUTOKO.COM., unless otherwise specified. Using this site means you agree to our Terms of Use and Privacy Policy.