ようこそ! ログイン 新規登録

JAL 2020年はシカゴ=羽田便就航します。

JALは、2020年度夏期ダイヤ(2020年3月29日〜)より、羽田空港からの国際線ネットワークを大幅に拡充することを決定しました。羽田空港の昼間時間帯の国際線発着枠の配分を受け、米国、フィンランド、ロシア、オーストラリア、インド、中国の各都市への路線を新規開設・増便します。

今回の新規開設・増便により、羽田発着国際線の運航便数は、現在の一日22便から34便となります。これにより、首都圏のお客さまの利便性向上を図るとともに、JALが持つ幅広い羽田発着国内線ネットワークを活用し、日本各地のお客さまや、全国各地を訪問される多くの外国人のお客さまの乗り継ぎ利便性を大幅に高め、地域の活性化に貢献してまいります。

成田発着に関しては、サンフランシスコ、ウラジオストク、ベンガルール線の開設(*1)、さらに、ZIPAIRによるバンコク、ソウル(仁川)線の開設をすでに発表しております。また、シカゴ線に関しては、2021年2月より、北米=アジア間の往来にご利用いただきやすい成田夕方発着便を新たに設定することを決定しました。
今後も、成田空港の国際線=国際線乗り継ぎハブ機能のさらなる強化を図り、ZIPAIR含めたJALグループでネットワークを拡充します。

(*1)2019年10月30日付プレスリリース第19089号「2020年度成田発着の国際線ネットワークを拡充します」
参照 URL: [press.jal.co.jp]

JALグループは、「世界中で一番お客さまから選ばれ、愛される航空会社」となるよう、今後も路線ネットワークに磨きをかけてまいります。

※以下の計画とスケジュールは関係当局への申請と認可を前提としております。

■米国
米国については、羽田=シカゴ・ダラス・ロサンゼルス線の3路線を新たに開設し、羽田=ニューヨーク線を増便します。また、共同事業パートナーのアメリカン航空も羽田=ダラス・ロサンゼルス線を新規開設・増便します。
これにより、首都圏と北米を結ぶネットワークは、ニューヨークが羽田で2便、シカゴ・サンフランシスコ(*2)・ロサンゼルスが羽田・成田で1便ずつ計2便、ダラスが羽田で1便、ボストン・シアトル・サンディエゴ・バンクーバーは成田で1便となり、合計でこれまでの一日10便から13便へ拡充します。

(*2) 2019年10月30日付プレスリリース第19089号「2020年度成田発着の国際線ネットワークを拡充します」
参照 URL: [press.jal.co.jp]

ハワイについては、羽田=ホノルル線を新たに2便開設します。これにより、成田=ホノルル線は一日4便から2便に変更となり、首都圏からのハワイ線は、ホノルルが羽田・成田発着でそれぞれ一日2便ずつ、コナ(ハワイ島)が成田から一日1便となります。

その他の路線の詳細についてはこちらをご覧ください。

[press.jal.co.jp]



1編集 - 最終更新ユーザ:プレスリリース(住むトコ.COM編集部が代行掲載)(2019年 11月20日 12:15:29 )
ユーザ:

Email: (投稿する際にメールアドレスの記入は必須ではありません)

  • ここにメールアドレスを記入するとメールアドレスが一般公開されますのでご注意ください。
  • メールアドレスを公開せずにメールを受け取る為にはログインする必要があります。フォーラム内メッセージを使ってメールを受け取る事ができるようになります。
  • ログイン後でも、個人設定でメールアドレスを『公開』に変更すればメールアドレスを一般公開して読者がログインしていなくてもあなたのメールアドレスを知る事ができます。

題名:


添付:
  • 添付できるファイルタイプは %type% です。
  • 4 MB より大きなファイルは添付できません
  • ファイル容量の合計が 4 MB を超えることはできません
  • 添付できるファイルの数:3

スパム防止:
スパム防止の為に、簡単な計算にお答えください。
質問: 22 足す16は?
メッセージ:


住むトコ.COM編集部は、この掲示板で活発なディスカッションが行われる事を希望しています。
匿名投稿だからこそ可能なトピックもあるでしょうから、私達は可能な限り過度な検閲はしません。
是非、投稿する前に内容を再チェックするように心がけてください。